Loading...

石炭火力発電で排出されるPM2.5などの汚染物質は、ぜんそくや気管支炎、肺炎といった病気の原因となります。特に被害を受けやすいのが、免疫力の弱い子どもたちや年配の人々。新たに43基の石炭火力発電所ができると、どこにどれくらい汚染が広がる可能性があるのか、シミュレーションしました。

[大気汚染シミュレーション]

計画されている43基の石炭火力発電所から排出される汚染物質の広がりをシミュレーションしました。二酸化窒素(NO2)、二酸化硫黄(SO2)、PM2.5がどのように広がるのか、お住まいの近くの建設予定地をクリックしてください。 発電所の大気汚染物質の推定排出量データや、気象・地形などのデータをもとに、汚染物質の長距離移動とその影響を評価するモデルとして世界で最も広く利用される米国環境保護庁(EPA)推奨のCALLPUFFモデルを使用しています。

シミュレーションの詳細 >

 
大気汚染シミュレーションでは、下記のような発電所の情報や、気象・地形などのデータをもとに、米国環境保護庁(EPA)が開発し推奨するCALLPUFFモデルを用いて、大気汚染物質の拡散レベルをシミュレーションしています。

・排出総量データ(各発電所の環境影響評価書)
計画されている使用燃料、発電技術、煙突の高さ、大気汚染排出削減のために使用予定のフィルターや技術など
・気象データと地形データ、風速、風向、気温、湿度、降水量、地形など
・県別の大気汚染状況データ(国立環境研究所 2014年度)など

※企業公表のデータが入手できない場合は、類似のプロジェクトのデータ(同一エリアを同様の技術と規模で調査した)で補完しています。
※現時点で入手可能なデータベースがそろう2014年のデータを用いています。

*シミュレーションの手法について詳しくはこちらをご覧ください

大気汚染物質の拡散を調査するCALPUFFモデル

今回のシミュレーションには、米国環境保護庁(EPA)が「大気質モデルにおけるガイドライン」の中で、汚染物質の長距離移動およびその影響を評価するためのモデルとして推奨するCALPUFFモデルを使用しています。大気汚染の拡散状況と、化学変化・凝結を予測するために、縦数千地点、垂直方向12層の、毎時の大気データを計算するものです。このモデルは、規制と学術的調査の両方で、最も広く利用されており、とりわけ産業汚染物質の広範囲の移動を計測するために使われています。

 

×閉じる

 

【マップの見方】

1 クリック(スマートフォンはタップ:以下同様)してひとつの発電所を選んでください。ダブルクリックすると複数の発電所が選べます

2 PM2.5、NO2、SO2いずれかの汚染物質を選んで再生ボタンを押してください。「i」のボタンを押すと発電所の情報が見られます。

3 回線の状態によっては、汚染具合を表す画像がすぐに現れない場合があります。表示されるまで少々お待ちください。

※WindowsPCをご使用の場合、Microsoft Edgeでの閲覧を推奨します。

 

大きく表示する

石炭火力による影響

  • 子どもたちの健康

    大気汚染の影響を一番受けやすいのが子どもたちや赤ちゃん。まだ免疫系が整わず、外で遊ぶ時間が長い子どもたちは、大気汚染による影響を受けやすいため、肺や気管支などの疾患にかかりやすくなります。国連も、大気汚染が脳の発達を遅らせ、IQの低下の原因になると警告しています。(*1) 妊婦さんやお腹の赤ちゃんにも危険が及びます。(*2)

    *1 ユニセフ国連児童基金 2017年12月 Danger in the Air
    *2 アメリカ国立衛生研究所 2017年11月

  • 健康な人も大人も

    大気汚染は年齢にかかわらず影響します。ぜんそくや肺炎、気管支炎、心臓血管疾患、皮膚疾患に加えインフルエンザの発症が増える原因になります。(*1)多くの人が苦しめられている花粉症が大気汚染によって悪化するという研究結果もあります。(*2)病気を抱える人々や年配の人々は、より深刻な影響を受けます。

    *1 憂慮する科学者同盟 2017年12月 石炭と大気汚染
    *2 気象予報士 饒村曜 2018年2月
    *3 オーストラリアニューサウスウェールズ州 2013年4月

    あなたなら、大気汚染をガマンしますか?
    それとも石炭火力発電をとめますか?

  • CO2排出の最大の原因

    石炭火力は、気候変動の原因CO2の排出No.1。(*1) 超大型台風や猛暑日など、気候変動によってすでに私たちの暮らしに被害が出ています。海面上昇、大型ハリケーン、洪水、干ばつなど、シロクマからサンゴ礁まで地球上のすべての生きものが影響を受けています。気候変動を食い止めるには、自然エネルギーに切り替えることが必要です。

    *1 ECOFYS 2016年5月
    気候変動をとめるには、いましかありません。
    石炭火力から自然エネルギーへ!

日本には自然エネルギーがある

パリ協定後、大企業や都市が自然エネルギー100%を目指したり、銀行が石炭への投資を停止したりと、世界が脱炭素社会へ動いています。(*1) 世界に誇る技術力があり、太陽光、風、波、地熱が豊かな日本には、自然エネルギーというソリューションがあります。バッテリーなどの製品技術や、無駄をなくす省エネ技術も向上して、自然エネルギーは頼れるエネルギー源です

このプロジェクトは、気候ネットワークとグリーンピース・ジャパンの共同プロジェクトです。

CLEAN AIR NOW!

私たちの健康ときれいな空気をまもるために、私たちにできることや最新の情報をお知らせしていきます。

※ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づいてグリーンピースが責任をもって管理します。※グリーンピースの活動の進捗報告や、非営利活動を目的とするご案内をEメール、またはお電話にて差し上げます。

【現在の賛同者数】