Loading...

放射能汚染水を海に流さないで

「漁師にとって復興とは、獲った魚を、若いお母さんたちが買ってくれること。汚染水を海に流せば、それは遠ざかる。『放出しかない』という政治家は、俺らには会ってない。漁師の声を聞いてない。試験操業できる日も増えてきて、魚の値段も戻ってきているのに、汚染水放出があればそれが振り出しに戻ってしまう」

小野春雄さんは、福島県新地町で3代目の漁師。海を守るために、原発事故の放射能汚染水を太平洋に放出しようとする政府に、反対の声を上げ続けています。

現在、東京電力福島第一原子力発電所には、100万トンを超える放射能汚染水が保管され、今この瞬間も増え続けています。

プラスチック汚染や温暖化による海水温の上昇など、海はすでにさまざまな問題に直面しています。これ以上、命の源である海を犠牲にすることはできません。

海を愛し、海を守るコミュニティの中心にいるダイバーや、福島で放射線量を公開をしながら野菜や料理を提供するカフェオーナーも声を上げています。


プロダイバー武本匡弘さん「サンゴの白化やプラスチック汚染など、海の中では胸が締め付けられるようなことがどんどん増えています。汚染水を海に流すっていうことは、なかったことにするっていうことです。でも、海はゴミ箱じゃないんです。」

カフェオーナー大河原多津子さん「汚染水で海を汚してしまうというのは、世界のみなさまに対して本当に申し訳ない。あの事故 の影響はすごく大きいなと思っていますね。それをどれくらい政治や経済を担っている人が実感しているのか、情けないなと思います。」

原田元環境大臣は、汚染水の処理する方法として、太平洋へ「放出しかない」と発言しましたが、まだ処理方法は国の審議会で 議論中です。安易に放出せず、当面保管しながら、放射性物質をしっかり除く技術を開発するという選択肢があります。

グリーンピースは、国際海事機関(IMO)の会合でも、日本政府に放射能汚染水の海洋放出をしないよう求めています。10月には、ロンドンで行われる国際海事機関ロンドン条約の会議にグリーンピース・インターナショナル科学部門の海洋保護の専門家を派遣し、国連加盟国に直接訴えます。みなさんの署名は、国際海事機関、国連人権機関へ働きかけるためにも、大きな力になります。

なぜ放射能汚染水を流してはいけないの?

2011年3月11日から発生した東京電力福島原発事故で放出された放射能の70%は太平洋に流出しました。また溶融核燃料に触れた冷却水および地下水は高濃度の放射能汚染水となりました。回収できた分の汚染水は多核種除去設備などで処理され、およそ1000基ものタンクに保管されています。

しかし、2018年9月、トリチウム以外は除去できるはずの多核種除去施設で処理した放射能汚染水の80%でストロンチウム90やヨウ素129などが残っていることが明らかになりました。

2018年12月に開かれた公聴会では、海洋放出に対して反対意見が多数を占めました。 処理水が基準値以上の放射能を含んでいること、それを東電が市民にわかりやすい形で情報公開してこなかったことなども問題視されました。

トリチウムの半減期は12.3年です。リスクが無視できるレベルに低減するまでに120年以上かかります。

人体に取り込まれれば遺伝子を傷つける恐れがあります。

カナダ、アメリカ、イギリスなどにはトリチウム分離施設が存在します。
日本でもこれらのすでに実用されている技術を参考に、分離技術を開発すべきです。

汚染水処理対策委員会 委員長に、以下を求めます。

・放射能汚染水の意図的な放出はおこなわないこと。

・放射能汚染水は長期保管とし、並行してトリチウム分離技術を開発適用すること。

For English readers

“For fishermen, true revival comes when young mothers buy fish that we caught. If contaminated water is discharged, that day would go away. Politicians who says there is “no other option than to release” haven’t met us. They don’t hear the fishermen. As we can do more test operations, the original fish prices are coming back. But with discharge, it will all go back to where we started.”

Haruo Ono is a fourth generation fisherman from the town of Shinchi in Fukushima prefecture. He's been doing everything he can to stop the Japanese government from releasing radioactive water from the Fukushima Daiichi nuclear plant into the Pacific.

Over a million tons of radioactive water are currently being stored at the site of Fukushima Daiichi, and even as you read this, the amount is going up and up.

Our oceans are already feeling the strain from plastic waste and rising sea temperatures as a result of global warming. Human society could not survive without the oceans – we cannot afford to increase this burden any further.

Not only fishermen, but other lovers and people in Fukushima are also raising their voices in protest.

From coral bleaching to plastic pollution, I witness more and more heartbreaking events in our oceans. Discharging contaminated water to the ocean is to pretend as if nothing will happen. Our oceans are not our trash cans.
- Masahiro Takemoto, diver

I feel sorry for people around the world if contaminated water is to be discharged. The effect of the accident is enormous. I wonder how much politicians and business people in charge realize that. How shameful.
- Tatsuko Okawara, cafe owner in Fukushima


Japan's ex-minister of the environment, Yoshiaki Harada, has said that there is “no other option” than to release contaminated water into the Pacific, even though the government has not finished discussing the options for dealing with the problem. Discharging the water into the ocean would be choosing the easy way out. The alternative is to continue to store the water while focusing on the development of better decontamination technology.

Greenpeace is calling on the Japanese government - including through the International Marine Organisation (IMO) - not to release this radioactive water into the Pacific. This October, Greenpeace International will dispatch one of its oceanic protection expert to London to address the UN member states directly at a meeting to discuss the IMO London Convention (a.k.a. the “Convention on the Prevention of Marine Pollution by Dumping of Wastes and Other Matter 1972”). Your signature will help us put pressure on the IMO and the UN human rights council.

What's the problem?

Seventy percent of the radiation released in the Fukushima Daiichi nuclear accident that started on March 11, 2011 has already ended up in the Pacific ocean. Any cooling water or groundwater that comes into contact with the molten fuel becomes high contaminated.The water that has been recovered has been processed using Advanced Liquid Processing System (ALPS) technology and is currently stored in approximately 1000 tanks.

Even though ALPS technology is supposed to remove all radioactive substances except tritium, in September 2018 it became clear that high levels of strontium 90 and iodine 129 and other dangerous isotopes still remain in 80% of the treated water.

At a public hearing held in December 2018, the majority of comments were opposed to oceanic discharge. The processed water still contains more than the permitted levels of radioactive substances, and TEPCO has not released data in a way which is accessible to the public.

The half-life of tritium is 12.3 years. At this rate it will take at least 125 years for the risks to decrease to negligible levels. Tritium has the potential to damage DNA if it enters the human body.

Tritium separation facilities exist in Canada, the USA, and the UK. Japan should build on this existing technology to develop new separation techniques.

We present the following demands to the chairman of the Japanese Ministry of Economy, Trade, and Industry's Committee on Contaminated Water Countermeasures:

- Do not carry out any deliberate discharge of radioactive water
- Continue to store the radioactive water while simultaneously developing tritium separation technology

【今すぐ署名】

汚染水対策委員会 委員長
・放射能汚染水の意図的な放出はおこなわないこと。
・放射能汚染水は長期保管とし、並行してトリチウム分離技術を開発適用すること。

※ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づいてグリーンピースが責任をもって管理します。※グリーンピースの活動の進捗報告や、非営利活動を目的とするご案内をEメール、またはお電話にて差し上げます。

【賛同者数】目標: 30,000人